排水性舗装関連

安全性・機能性・静音性に優れる排水性舗装工法メニューを紹介します

高耐久型排水性舗装工法
(オールシーズン機能性舗装工法)

高耐久型排水性舗装工法(オールシーズン機能性舗装工法)
高耐久型排水性舗装工法(オールシーズン機能性舗装工法)画像1

概要

特殊開粒度と高粘度改質アスファルトを組み合わせることにより、排水性舗装の優れた機能に加え、凍結抑制機能を付加した4シーズン快適な機能性舗装です。重交通箇所に対応した高耐久タイプもあります。

特徴

袋状の空隙を有した舗装で、散布された凍結防止剤を舗装体内に保持・残留させ、凍結抑制効果の持続性を延長させることができます。

適用箇所

積雪や凍結の恐れがある、市街地、坂路、重交通箇所等。

積雪寒冷地用排水性舗装
(タフファルトスーパーV)

積雪寒冷地用排水性舗装(タフファルトスーパーV)
積雪寒冷地用排水性舗装(タフファルトスーパーV)画像1
積雪寒冷地用排水性舗装(タフファルトスーパーV)画像2
積雪寒冷地用排水性舗装(タフファルトスーパーV)画像3

概要

積雪寒冷地用の高粘度改質アスファルトを使用し、低温時の耐久性・骨材飛散抵抗性に優れた舗装です。

特徴

耐流動性、たわみ追従性、ひび割れ抵抗性に優れるほか、特にタイヤチェーンを装着した車両の走行等により発生する衝撃性の骨材飛散に強い舗装です。

適用箇所

寒冷地の重交通車道、交差点など、高い耐久性が必要な箇所等。

排水性トップコート工法
(ポーラスモード工法)

排水性トップコート工法(ポーラスモード工法)
排水性トップコート工法(ポーラスモード工法)画像1
排水性トップコート工法(ポーラスモード工法)画像2
排水性トップコート工法(ポーラスモード工法)画像3
排水性トップコート工法(ポーラスモード工法)画像4

概要

排水性舗装の表面 に特殊樹脂を散布し樹脂硬化膜を形成し、骨材の飛散を効果的に抑制します。

特徴

樹脂硬化膜がアスファルト表層面 の流動を抑制し、空隙の目詰まりによる、排水能力の低下を防ぎます。また散布樹脂は容易に着色が可能なため、舗装のカラー化を容易に行えます。

適用箇所

交差点部及び車両出入口部や停止部・重交通路線・サービスエリア・パーキングエリア進入路・バスレーン・駐車場・景観を考慮した排水性・透水性舗装。

排水性レジンモルタル充填工法
(PRMS工法)

排水性レジンモルタル充填工法(PRMS工法)
排水性レジンモルタル充填工法(PRMS工法)画像1
排水性レジンモルタル充填工法(PRMS工法)画像2
排水性レジンモルタル充填工法(PRMS工法)画像3

概要

高性能レジンモルタルバインダーと特殊粒径の細骨材との組み合わせにより得られる透水性レジンモルタルを排水性舗装の表面骨材の間隙に充填する工法です。

特徴

骨材飛散防止に優れ、路面の平坦性が向上する事により低騒音化が可能で、土砂等による空隙詰まりも抑制でき長期に渡って透水機能を維持します。

適用箇所

排水舗装交差点部、排水性舗装明色部。骨材の色を変えることによって、高価な排水性舗装のカラー化も安価に行えます。