維持メンテナンス工法

道路の穴補修や段差解消等、小規模な補修工法メニューを紹介します

段差すり付け工法
(スーパーロメンパッチ、スーパースノーパッチ工法)

段差すり付け工法(スーパーロメンパッチ、スーパースノーパッチ工法)
段差すり付け工法(スーパーロメンパッチ、スーパースノーパッチ工法)画像1
段差すり付け工法(スーパーロメンパッチ、スーパースノーパッチ工法)画像2
段差すり付け工法(スーパーロメンパッチ、スーパースノーパッチ工法)画像3
段差すり付け工法(スーパーロメンパッチ、スーパースノーパッチ工法)画像4

概要

小規模むきのアスファルト系段差修正・ポットホール補修材料です。

特徴

ゼロすりつけができ、分解硬化が速いため施工後、約20分で交通開放が可能で作業が容易です。またスーパースノーパッチは低温期の施工性に優れます

適用箇所

マンホール段差修正 橋面段差修正 、その他2cm以下の段差箇所

マンホール上部補修工法
(MR2工法)

マンホール上部補修工法(MR2工法)
マンホール上部補修工法(MR2工法)画像1
マンホール上部補修工法(MR2工法)画像2
マンホール上部補修工法(MR2工法)画像3

概要

マンホール上部の段差やがたつきの苦情処理、除雪の安全対策として、マンホールの高さ調整を迅速に行います。

特徴

マンホールリムーバーによりマンホール上部を撤去し高さ調整後、超速硬モルタルでマンホールの保護・固定を行った後、常温混合物で復旧します。迅速な施工〜交通開放が出来ます。

適用箇所

車道および歩道におけるマンホール。

舗装表面処理工
(サーフトリート工)

舗装表面処理工(サーフトリート工)
舗装表面処理工(サーフトリート工)画像1
舗装表面処理工(サーフトリート工)画像2
舗装表面処理工(サーフトリート工)画像3
舗装表面処理工(サーフトリート工)画像4

概要

面荒れした既設路面のきめ深さを改善することで、路面のリフレッシュと延命化を図る表面処理工法です。コンクリート舗装面にも適用可能な「サーフトリートDN工法」もラインナップ

特徴

特殊なアスファルト系材料を用いることで、既設舗装とのなじみがよく接着性に優れます。そのほか、すべり抵抗性、耐候性に優れています。

適用箇所

交通量が多くない車道、団地内道路、駐車場、歩道部のほか、切削を避けたい既設コンクリート橋の維持等

全天候型舗装補修材
(レスキューパッチ)

全天候型舗装補修材(レスキューパッチ)
全天候型舗装補修材(レスキューパッチ)画像1

概要

耐久性を高めた全天候型の常温混合物(パッチング材)です。最大粒径5mmの混合物で,初期安定性,耐水性に優れています。寒冷地でも,重交通道路・高速道路などどこでも使えるポットホール補修材です。NETIS登録番号 KT-090060-VE

特徴

簡単に,プレートコンパクタで転圧して交通開放できます。全天候型  降雨・降雪時でも,施工面が濡れていても施工できます。

適用箇所

高速道路、国道、県道、市道など。特に、重交通路線での耐久性は他社製品を圧倒します。